利用規約

 講師派遣FILE ご利用規約

                       2022年10月施行

本規約は、講演・研修などを主催する団体等(以下「主催者」)が、株式会社SEA-CAST(以下「当社」)が提供する 「講師紹介サービス(以下「本サービス」)」の利用についての条件等を定めたものです。

1.本サービスの適用範囲と契約の成立について
 本サービスは主催者となる企業や団体、また代理店などに講師を紹介・派遣するものであり、その範囲は、主催者が外部の講師を招いて、講演・研修などを計画、実施される案件(オンライン上の開催を含む)に対して、企画提案(講師・プランの選定)、出演者への登壇交渉やスケジュール調整および確保、移動手段等の手配を提供するものです。
 主催者から口頭またはメールなどの書面でいただいた講演の正式依頼に対し、口頭または書面により講師に承諾いただいた時点から本取引を開始いたします。本取引の開始後、主催者の都合により本取引を中止する場合、または主催者側で生じたトラブル等の事由により本取引を実施することが不可能となった場合は、主催者に規定のキャンセル料金を適用しお支払いいただきますので、ご注意ください。

2.本サービスの費用について
 当社が提示する出演料は、講師謝金等の出演料に当社の企画料や業務代行サービス費用を合わせたものになり、別途消費税がかかります。消費税は講演会等の開催日時点の消費税率を適用するものとします。
 出演料以外の費用として、出演者の目的地までの出演者相応の交通手段による往復交通費(グリーン車・プレミアムシート・ハイヤー、タクシー等の料金を含むことがあります)、宿泊が必要な場合の宿泊費等が必要になります。出演者の多くは、マネージャーと2 名移動の場合がほとんどですが、出演者によっては、マネージャーの他にアシスタントなどの同行者が帯同することがあり、その場合別途同行者の交通費等が必要になります。一行人数は、ご提案の際にご提示しますので、ご確認下さい。尚、天災、事故、ストライキ、天候不良等、予期せぬ事態において交通費・宿泊費等に変更が生じる場合がありますので予めご了承下さい。
 また、講演会等の会場使用料、会場設営費用、及び出演者のケータリングなどに要する手配・費用は、主催者の負担となります。また、出演者が講演会等で使用する機材(パソコン・プロジェクター・スクリーン・DVDプレーヤー等)や資料印刷が必要な場合は、主催者に費用を負担してご用意いただきます。その他、出演者によっては、出演者側の条件による有料資料や、音響・照明機材やオペレーターの費用、落語などの場合は高座などの設置費用が必要となる場合もございます。

3.支払い条件について
 先にご提示しました費用を、指定期日(原則実施後7日以内)までに、当社指定の銀行口座へ現金振込にてお支払いただきます。尚、振込手数料は、主催者の負担とさせていただきます。
業務委託となっておりますので、源泉徴収は当社にて処理いたします。

4.キャンセル料について

30日前から予定日まで講演料金の100%35日前から31日前まで講演料金の80%
40日前から36日前まで講演料金の70%45日前から41日前まで講演料金の60%
50日前から46日前まで講演料金の50%60日前から51日前まで講演料金の40%
70日前から61日前まで講演料金の30%90日前から71日前まで講演料金の20%
契約開始から91日前まで講演料金の10%  
※キャンセル料は、取り消し日を含め7 営業日以内にお支払いください。

 国または自治体から新型インフルエンザ等特別措置法等の法令に基づく休業要請が発令される等、不可抗力により講演会等の実施が困難と判断され取りやめる場合は、出演者側と相談の上キャンセル料をいただかない場合があります。ただし、新型インフルエンザ等特別措置法等の法令による休業要請の発令等に基づかない場合その他主催者の自主的な判断による中止の場合は、先に提示しました通りのキャンセル料をいただきます。
 上記と同様の不可抗力により講演会等を延期する場合、開催予定日から6 ヶ月以内の延期であれば原則として別途費用はいただかず、出演者側と日程調整して、対応させていただきます。ただし、開催予定日から6 ヶ月を超える延期の場合はキャンセル料が発生することがございます。
 また、出演者によっては、不可抗力による講演会等の中止や延期の場合においてもキャンセル料等が発生する場合があり、依頼時に個別のキャンセル規定を提示される場合があります。その場合は出演者個別のキャンセル規定を適用いたします。

5.講演の告知・宣伝について
 主催者は、講師の許可なく、講演・研修・研修の告知や宣伝を行ってはなりません。また、宣伝に際しては当社から別途支給する宣材写真(書影含む)・プロフィールをご使用ください。すべての告知物に関して事前に原稿(版下)段階での出演者側の確認が必要となります。

6.著作権について
 講演に伴い生じる著作権その他知的財産権は、主催者に移転するものではなく、講師に留保されますので、講演の内容を、他の目的・方法により利用される場合は、有償無償を問わず、講師の事前の許諾が必要となります。予めご了承下さい。
著作権侵害の有無及び利用目的(私的利用及び社内利用を含みますがこれに限りません)にかかわらず、講師側の許諾を得ない限り、主催者(主催者の従業員等を含みます)による講演(オンライン講演を含みます)の録画又は録音等は禁止させて頂きます。
別会場等への中継を行う場合、録画・録音を残さない形であっても、講師の許諾が必要となりますので、当社を通じて事前に講師の了解を得てください。
 また、主催者は、講師が講演・研修において使用・取得したレジュメその他の資料を、講師の許諾を得ずに、複製、蓄積、翻訳、翻案、引用、転載、頒布、販売、出版、公衆送信(送信可能化を含む)、伝達、放送、口述、展示等をしてはなりません。
主催者が講演・研修の講演録を作成しようとする場合は、当社を通じて講師の許諾を得なければなりません。これに際し講師から対価の請求があった場合は、その対価をお支払いただきます。
新聞社、放送局などのメディアが講演・研修の取材を行う場合は、当社を通じて、あらかじめ講師の了解を得てください。

7.安全管理・個人情報保護について
 主催者は、講演会等を開催するにあたり、来場者および出演者の安全確保に十分な配慮をし、安全管理に努めるものとします。
 主催者は、本取引により知り得た出演者の個人情報や所属事務所の情報、当社との取引内容を、みだりに第三者に知らせてはなりません。

8.予期せぬ事態における対応と本サービス不履行時の免責事項・損害賠償について
 地震、台風、大雪、津波や火山の噴火などの予期せぬ自然災害、交通機関の欠航・不通・遅延、大規模な停電、出演者の急病や不慮の事故および逝去、公職への就任や選挙への立候補、新型インフルエンザ等特別措置法による休業要請等の法令に基づく場合や、その他やむを得ない合理的事由により、講演会等に出演者を派遣できなくなった場合、当社は、代替出演者の派遣、講演会等の実施日の変更、移動手段の変更などの善後策について、すみやかに主催者と協議し、対応することといたします。ただし、急な事態に対応が不可能又は著しく困難な場合もありますので予めご了承ください。この場合、当社は主催者や来場者が被った損害について一切賠償の責を負わないものとします。
 また、台風や大雪など、交通機関の遅延や不通が事前に予測される場合、出演者に対し前日入りや別ルートへの変更など可能な限りの交渉・手配をさせていただきますが、出演者の前後のスケジュール等の事情により対応できない場合もありますので、予めご了承下さい。尚、前日入りや別ルートでの手配を行う際に別途かかる交通費、宿泊費等の費用は全額主催者の負担となります。また、拘束時間が延長されることから、出演者側から別途料金を請求された場合についても主催者に負担いただきます。
 本取引に関連して、万が一当社が損害賠償等の責任を負う場合は、企画料の範囲内にて賠償責任を負うものとします。

9.契約の解除について
 当社は、主催者に次の事由が生じた場合、直ちに本契約を解除することができます。
①本規約に違反する行為があったとき。
②講演・研修が公序良俗に反し、または反社会的行為に利用される恐れがあると
 当社が判断したとき。
③主催者が破産宣告を受けたとき、会社整理、特別清算、民事再生または会社更生手続き等の
 申し立てがなされたとき。
④主催者に対し、差し押さえ、仮差し押さえ、仮処分、競売開始決定または租税滞納処分等の
 申し立てがなされたとき。
⑤主催者の振り出した手形、小切手が不渡りとなったとき。
 前記の事由により、当社が本契約を解除した場合は規定に基づいてキャンセル料をお支払いいただきます。

10.オンライン講演について
 主催者がオンライン講演で使⽤される配信システムの利⽤契約の締結や利⽤料の⽀払い、配信システムのセッティング作業は基本的に主催者側にて⾏っていただく必要がありますので、ご注意ください。
 また、オンライン講演において、主催者や聴講者様の使⽤されるインターネット回線、使⽤するPC 機器、配信システム、ソフトウェア等は、各⾃の⾃⼰責任で使⽤するものとし、これらの回線や機器等の不具合、不調、障害等のトラブルにより、オンライン講演の聴講不能、映像や⾳声の⼨断、配信障害等の事象が発⽣した場合、当社または出演者の責に帰すべき事由がある場合を除き、当社は主催者や聴講者様が被った損害について⼀切賠償の責を負わないものとします。
 その他、オンライン講演について、事前に出演者の許諾を得た場合を除き、主催者、聴講者様による講演の録⾳、録画その他の複製⾏為を⼀切禁⽌いたします。
 オンライン講演は、録画が可能なツールを使⽤する場合がございますが、通常の講演会における場合と同様、出演者に著作権、肖像権等の⼀切の権利が帰属しております。主催者は、講演会の聴講者様や関係者様に対し、講演内容の録⾳・録画等を絶対に⾏わないよう、必要かつ⼗分なアナウンスしていただく必要がございます。
 また万が一、聴講者様や関係者様等により、録⾳・録画された講演会の⾳声・映像、講演中のスクリーンショット等がSNS やインターネット上にアップロードされたり、CD やDVD等により第三者に頒布される等、出演者の著作権や肖像権が侵害されるような事態が発⽣した場合には、全て主催者の責任と費⽤をもって解決していただく必要がございますので、ご注意ください。

<講演ご依頼時のお願い>
■聴講者から参加費を徴収する有料の講演会の場合は、予めその旨お教え頂けますよう
 お願いいたします。講師によっては有料の講演会にご出演いただけない場合もございます。
■録音・録画は原則お断りさせて頂いております。関係者との写真撮影を希望される際は
 お声がけ下さい。聴講者全員との集合写真は原則禁止といたします。また、聴講者が携帯カメラ等で
 撮影なさらないよう必ず事前にアナウンス頂けますようお願いいたします。
■講演を他会場で同時中継されることをお考えの際は、予めお教え頂けますようお願いいたします。
 尚、講師によってはお断りさせて頂くことがございますが、その際はご了承頂けますよう
 お願いいたします。
■講演後の懇親会・パーティー出席を講師に希望される際は、予めお声がけ下さい。